中小企業両立支援助成金(代替要員確保コース) 起業する前、起業した後にもらえる助成金、補助金。東京都(渋谷区、新宿区、港区)など近隣エリアの助成金情報を提供。

助成金に興味があるけどわからない人のための起業助成金ナビ 初回無料相談(全国対応)
サービス概要 運営者プロフィール お問い合わせ
法律に関する知識と問題解決を目指す執念を持ちトラブルに立ち向かいます。
起業をお考えの方の助成金 従業員の採用をお考えの方 パート・アルバイト、契約社員に… 従業員に教育訓練を行う場合 育児・介護休業者および女性に… 事業規模の縮小を検討している場合 過去の助成金

HOMEへ戻る

初回無料相談実施中 お問い合わせ

東京人事労務ファクトリー
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-13-5 BPRレジデンス渋谷1002
TEL : 03-5778-9817
FAX : 03-5778-9818
※スマホの場合、電話番号をタッチすると
電話が掛かります

中小企業両立支援助成金(代替要員確保コース)

概要

育児休業を取得した従業員の職務に一時的に代替者を充て、後日復帰となった場合に助成金が支給されます。

申請の条件

以下の条件をすべて満たす場合、助成金を受けられる可能性があります。

① 会社で雇用保険に加入していること。

② 常時雇用する労働者の数が300名以下であること。

③ 育児休業制度(※)および育児のための短時間勤務制度について、就業規則または労働協約に規定する予定があること。
※育児休業取得者を育児休業終了後に元の職に復帰させる旨の取扱いを含む

④ 以下の条件すべてを満たす育児休業取得者が出る予定であること。
・育児休業の期間は連続1ヶ月以上の期間が合計して3ヶ月以上である
・育児休業終了後は休業前の職に復帰する
・育児休業開始日(または産後休業開始日)において雇用保険の被保険者として雇用している
・育児休業終了から6ヶ月以上、引き続き雇用保険の被保険者として雇用し、そのうち実際に就労した日数が半分以上である
・当助成金の支給申請日において、引き続き雇用保険の被保険者として雇用している
・最初に支給決定された対象者の育児休業終了日の翌日から6か月を経過した日の翌日から5年以内である

⑤ 育児休業の取得に際し、以下の条件すべてを満たす代替要員を確保すること。
・新たな雇い入れまたは新たな派遣の受け入れによる
・子の妊娠の事実について、事業主が知り得た日以降の確保である
・育児休業取得者と同一の部署において、同一の職務を代替する
・育児休業取得者と所定労働時間がおおむね同等である
・育児休業期間において、連続して1か月以上勤務した期間が合計して3か月以上ある
※1人の育児休業取得者の代替要員を複数人の短時間労働者で確保する場合や、同一事業所内で育児休業取得者の職務を他の労働者が担当し、その労働者の職務に代替要員を確保する場合も対象となります。

支給額

育児休業取得者1名あたり15万円
※ 年度(4月1日から3月31日まで)において、1事業主当たり延べ10人まで。

受給のポイント

育児休業者の仕事にスポットで代替者を充てる場合に活用できる助成金です。
他の育児に関する助成金と併給も可能なため、念頭に置いておきたいところです。

助成金の情報は常に新しくなりますので、最新の情報はお電話かフォームでお問い合わせください。

初回無料相談(全国対応)セカンドオピニオンサービス実施中 お問い合わせ

東京人事労務ファクトリーのサービス
サービスカテゴリ 労働基準監督署調査対策 年金事務所調査対策 労働組合対策
労働保険・社会保険手続代行 労働保険・社会保険新規適用 助成金申請代行
給与計算代行 労災保険特別加入(中小事業主) 労災保険特別加入(一人親方)
人事労務相談 人事アセスメント 社内規程作成・改定

ページTOP

© 助成金のことなら起業助成金ナビ! All Rights Reserved.