助成金イメージ
  • 定着率アップに使える助成金
  • 助成金支給は1回限り
  • 助成金支給までの間は持ち出し

職場定着促進助成金
(雇用管理制度助成コース)

申請の手軽さ二つ星

助成金額三つ星

雇用管理に関する制度(職務関連の研修、法定を上回る健康診断、人事制度などから選択)を導入し、実施すると助成金が支給されます。

助成金を受けるために必要な条件

  • 雇用保険の被保険者(いわゆる正社員)がいれば利用可能です!
  • 以下のいずれかの制度を導入し、従業員に実施すると助成金が支給されます。
    • 職務に関連する研修を受講させる制度
    • 健康づくり制度(人間ドック、生活習慣予防検診、腰痛健康診断)のうちいずれか一つ
    • 人事制度および賃金制度(評価および処遇制度、昇進および昇格制度、賃金制度、諸手当制度)のうちいずれか一つ
    • メンター制度(会社の上司とは別に先輩が後輩をサポートする制度)
  • 助成金の計画申請を行う前1年と計画終了後1年を比較し、一定以上離職率が低下していれば助成金が大幅に増額となります(計画申請前1年に離職者がいない場合、計画終了後も離職者がいないことが条件です)。

注意しておくこと

  • 制度変更を要件とするため、助成金受給後も変更にかかる措置を継続して行う必要があります。
  • 手間と助成金の額を考慮すると、離職率の低下が見込まれるタイミングで申請を行うべきでしょう。
  • 研修制度、健康づくり制度がおすすめで、メニューを絞り、一部の社員を対象に実施してコストを下げることも可能です。

受給額

制度実施ごとに100,000円

(最高400,000円

離職率が低下した場合+570,000円

生産性要件をクリアすれば+720,000円